熟練オーダースーツ職人ブログ|テーラーミヤサカ

職人歴60年を越えましたが、現役でスーツをお仕立てしています。全日本紳士服デザイナー協会会員になりました。

久し振りのベーグルサンド

当店の一番近い喫茶店、人気のサンドイッチです。く

コンブレ

紺のブレザージャケット程便利な重宝な服は他にない、と良く言われて愛用者も多い。

迷彩生地の仮縫い着せ付け

グレー迷彩服の仮縫いをアップ。ベストは内合い(釦間)の浅いダブル。ペイズリー柄が微妙に入り、いつ、どんな時に着るんだろう感を出してくれている。

テング、前だて

腹帯の様にしまって気持ちがいいと言われて、、、履くとき一寸面倒くさいがピッタリ感はあります。f:upload:content://media/external/images/media/34024]

地のし

裁断の前に地のし(縮地)は欠かせない。最近これをしない若い業者が居られることを縫製関係者から聞き驚き、!しないどころか知らないことにビックリ。3人がかりは一寸やり過ぎ?、、、この後じっくり自然に乾かしてから裁断にかかります。

こんな遅くに技術会議

大泉学園でテーラー仲間とお茶してます。監査会の後、酔いざましに寄った喫茶店で二時間も技術談義してしまった。

グレンチェックにペイズリーが被さった複雑化した生地のご注文。

グレーのグレンチェックに大柄ペイズリー、何とも大胆な生地です。以前紺の無地にペイズリー柄を作られた方のリピートです。 スリーピースですが、それぞれ別々にコーディネートして着られるそうです、例えばゴルフにジャケットとか。 生地は、イタリーのビ…

婦人ベストパンツ

普段歩くお姿は、腰が少し曲がって通院の途中に当ブティックに来られる、ご高齢のご婦人ですが、オーダーされたベスト&パンツに着替えて背筋がピン、おみ足も伸びてびっくり。通院で先生にいつも誉めらるのが楽しみとご注文せれるお客さま。生地は、スキャバ…

ヴィンテージ風服地のスリーピース

グレーのヘリンボン柄は、様々な用途に重宝し、紺系スーツの合間に着用することでイメチェンになると同時に、気分転換にもなり、欠かせないアイテム。確りと織られていてしかも柔らかい味わいの有る服地は、英国ホーランドシェリー社製。

縮地

裁断前に確りと縮地(布地に霧吹きして熱を加える)します。一晩寝かして自然に乾かしてから、アイロンで整えて、裁断します。最初の生地は、紺地のストライプ スキャバル スーパー150 。次の生地は グレーのグレンチェックにペイズリー模様が入ったイタリー製…

ミシンがけ

ミシン掛けも大切な技術で、パンツの縫い方を通して教えてます。ゆっくりひと針づつ進める作動が一寸難しいかな。

大直し

ご注文を頂いてから納品までの間に、10キロ近くお痩せになって大直しになった。こちらの仕上がりが遅く、シーズンをまたいでの納品なのでその間に、、、大病ではなくシェイプアップ目指しての減量でホッとしました。作り直しの様にほどいて何とか仕上がって…

袖付け

スーツ作りの中でも袖付けは最難関、1日掛けても付かない時が有る。上着に挑戦中のK君には、このお直しのジャケットはいい練習教材だ。最後に私がつけ直しますが。

チェスターコート

セミノッチドラぺルのカシミヤ100%チェスターコートが完成した。

今日の仮縫い

あっ日付が代わったから昨日か、、大宮からご来店のお客さまの三つ揃いスーツ。生地は英国ホーランドシェリーのヴィンテージ風ヘリンボーン。

ブラックウォッチの生地

良く見かける柄ですね、制服にも使われて。今回はゴルフパンツにと、20代の男性からのご注文。伸縮性も有り、色柄共に好まれている。

縮生地

今の生地は蒸気をかけても余り変化しなくなってきましたが、当店では全て裁断前に蒸気を当てて暫くおいて裁っています。何故ならば、その間にキズや織りムラを探せますし、生地の歪みを整えたりと欠かせない作業です。

ハリスツイード

英国のハリス島で育った羊は、海岸風雪に耐えて成長し、その羊毛から織られたツイードは、頑固なまでに硬く分厚くどっしりとさせてくれて多くのファンがいる。この冬コートを着なくてもいい通勤着にとご注文されたスーツが出来て、、、

グレンチェック

グレーのグレンチェックジャケットは、いつの時代も廃ることなく愛用されてきた。気軽に着られてしかもお洒落な要素もそこなわずお出掛けには欠かせないアイテムですね。フラノ暖かさもこの季節にピッタリ。

カシミヤ100のスーツ

薄く柔らかで繊細な服地だった。仕立てるのに手間取りましたが、やっと納品出来ました。\(^^)/一週間に一回着ようと言って居られたので一安心です。

ハザシ

製作中のこの生地は、カシミヤ100の柔らかい素材のため、神経を使うことこの上ない。ポケット作りはむろん、身返し作り、ハザシもです。

胸の箱ポケット

箱ポケットは様々な形が有りますが、最近はバルカンが主流ですね。舟の舳先のような、、、少しだけ感じをだして作ってます。

芯作り

芯作りは着る方の体型に合わせて、一着いっちゃくつくってます。今回はその一工程、、、仕上がるとプレスする前は丸まってます。

セミノッチラぺル

グレンチェックのセミノッチカラーは、ちょっと手間がかかったが、何とか仕上がりました。生地は英国ハリソンズ社のフランネル、、、裏地は今時珍しいアルパカ素材をご希望により用いました。

セミノッチ

セミノッチのジャケット、穴かがりも済んで、上衿がつき、残すは袖付けだけになった。生地は英国ハリソン社製のフランネルのグレンチェック。

セミノッチド ラぺル

無地と違ってチェックのセミノッチは、ちょと難しい、、、、がセミノッチはノッチドラぺルが大勢を占めるなか、着用が少ないので、いつの時代もファンは居られます。

芯作り

立体的作るには、まず芯作りに掛かってきます。手で持ってこの様に丸々ようになると理想的ですね。

グレンチェック

チェックのポケット作りは一苦労、頭を悩まします。

ペンシルストライプの縞柄

細い縞柄を通すのは、結構難しい、腰ポケットが傾斜してるし。襟も上から釦まで通してみたが、、、、英国ホーランドシェリー社製生地。

ジャケットのオーバーホール

着なれたカシミヤのジャケットを少しでも今用にと、春先にお請けしてやっと仕上がった。袖、肩、脇、襟も外して試みたが、ゴージラインもこれが限度。

研修日に

月一の研修会に出かけます。おもに紳士服のオーダー研究を主体とした研究会"クリエイトクラブ"の研修日、、、今日のテーマは先月に続き身返しの据え方からかな。

裏地のユトリは多目に

胸の厚みが有る方は、裏地にもユトリを入れないと、ダーツを多く取っても馴染んでゆきません。平らに置くとシワが目立つが着たときに、体に添って内側から押し出す働きをしてくれて、芯とも馴染んで立体化して美しいシルエットに成ります。

襟作り

ハザシが済んで、よくクセトリをした後 身衣本体に着けて見ました。

襟取り替え、

直しついでに襟も作り直します。麻芯を用いてハザシも細かく刺してだんりょくを加えます。

オーバーホール

何ヵ月前にお預かりしたジャケットの直しを順番が来たので仕掛かりました。カシミアです。ローラぺルが流行った時代のデザインで、直すといっても限界が有りますが、取り敢えずほどきます。

クセトリ

パンツを作る過程でクセトリは欠かせない、どんなに取ってもウールは復元するが、それでもしっかりクセトリしたズボンはちょっと違うんです。

ブラウンのスーツ

今夏最後の夏服が仕上がった。ブラウン系統はサマースーツには?と敬遠され少ない色合いですが、それだけに新鮮です。

新学期

新宿の服装学院、紳士服講座今日から新学期、腰ポケットのフラップ作りに終始してしまった、前ダーツに掛かりたかったが。来週は追い込みをかけなくちゃ〜

セミノッチラぺルのジャケット

セミノッチドラぺルの一つ釦ジャケットが完成。長い間着たいとあっためてた着用試作品。弟子の小松原君とそれぞれのジャケットを作って見た。彼のは明日かなアップ出来るのは、初の上着造りとなります。

完成間近

全ての縫製が済んで、制作のために用いた躾糸を取り除いているこの瞬間がホッとする。10日以上関わった想いが浮かんで。 セミノッチドラぺルの一つ釦

服飾学生の見学と補習

夏休みが終わりに近付き、文化服装の生徒が見学と補習を兼ねて来店。弟子のKくんの芯据えを見てもらった。がやはりおやつの時間が盛り上がる。

仕事場

来月パリに発つMさんが撮ってくれた。昨年帰国して今度は服飾学校へいくらしい、、、弟子と3人で近くの喫茶、ツーテンジャックで激励。

背のクセトリ

バックスタイルが綺麗に治まることにいつも心がけてますが、まずクセトリが大切。うすくチョークした部分をアイロンで処します。肩甲骨辺りが沿うように膨らみを持たせるようにユトリを作ります。

仮縫い

ついでに私も見てもらいました、中々自分のを見て貰う機会が無い中チャンスでした。

仮縫い

匠の祭典の最中、弟子の小松原君の仮縫い模様を皆さんに見ていただいてます。眞鍋先生にお願いして見てもらってます、

ものずくり 匠の祭典

国際フォーラムの会場で、見てくださる方々と服に関するお話しが出来て楽しい1日でした。ものずくり、日本をアピールしようと今年から東京五輪まで開催する匠の祭典。

補習

服装学院は夏休みだが、生徒が時どき来店。いわゆる補習ですが、熱心な生徒にこちらもつい一生懸命になっている。この日は身返しの内ポケットの作り方。

仮縫い

自身の服は面倒ので仮縫いは殆んどしたことがなく、久しぶりにしてみた。若い人の(小松原君)の勉強にもなるので、また気に入った自分のスーツもないので。夏は研修のチャンスですが、早冬物が10月まで頂いていて、、、、

仮縫い中

今夏ラストのサマースーツの仮縫い、10月にシンガポールへ転勤されるお客さん。常夏の国へ行くのになぜって!! 出張でも何回か行かれて、会議中は寒いくらいで上着が必要なんだそうです。和光市で学生まで過ごし、今は相模原にお住まいのOさん。

麻服が仕上がり

夏服が仕上がってお届け、早速着ていただきました。会議に、ゴルフに多用途出来ると、、、胸ポケットなしの一つ釦、シンプルなサマージャケットに造りました。

埼玉県和光市のテーラーミヤサカです。スーツ・ジャケットなどの仕立やメンテナンスはホームページかお電話 048-466-3393でどうぞ。お店にご要望の生地が無い場合でもメーカーや問屋に確認してご用意いたします。