熟練オーダースーツ職人ブログ|テーラーミヤサカ

職人歴60年を越えましたが、現役でスーツをお仕立てしています。全日本紳士服デザイナー協会会員になりました。

ピーコート完成して

ピーコートはイギリス海軍が艦上で着ていたもので、厚手のウールでダブル、腰丈と短めだったので、作業しやすく漁師たちにも重宝ながられて広がった外套らしい。

ジャケットはもとよりセーターの上から気軽に羽織れる便利なアイテムですね。
f:id:tailormiyasaka:20180208150108j:image
f:id:tailormiyasaka:20180208150119j:image
f:id:tailormiyasaka:20180208150138j:image


身返しを返して

市松模様のキュプラを裏地に用いてみました。

東京五輪のマークの元になる模様ですね。

松葉閂は、いわゆる(テケポケット)です。

ペン指しポケットの口等に違う素材を使ってるのは、キュプラは天然繊維なので摩擦には若干弱く、そのために新合繊の素材で耐久性を出しています。
f:id:tailormiyasaka:20180202225822j:image

紺系スーツ完成

やっと仕上がったスーツを人台に掛けた時がホッとして至福の時、見栄えが良いと尚更ですが中々。右肩下がりに作って有りますから人台ではその分微妙に影響して現れます。

服地は"御幸毛織"
f:id:tailormiyasaka:20180129194653j:image

袖の本切羽の丈直し

本切羽で袖穴が開けてある袖丈の直しは

ちと大変です。特にチェックはなおさらで

袖先では無理なので、上に当たる山袖で調節します。このチェックは縦が四センチなので型紙を作っておいて、四センチ下げます。たまたま六センチ詰めでしたから助かります。残りは袖先で詰められますから
f:id:tailormiyasaka:20180128184905j:image
f:id:tailormiyasaka:20180128184918j:image

カシミア

イタリアのピアツェンツァ製カシミア、

今までに扱った中でも最高級の毛並みです。このシーズンは間に合わないので、夏から秋に掛けてお作りする予定で今から楽しみです。

大阪にお住まいのお客さま。
f:id:tailormiyasaka:20180124223006j:image
f:id:tailormiyasaka:20180124223019j:image

前肩処理

多くの方の肩の前部分は骨が突出してます。そこにつかえて着にくい服になっています。服は肩で着る"とまで言われるように、肩周り適度の余裕があり、前肩処理が出来た服は着やすいんだと思います。写した肩の辺りに膨らみを持たせた現象を作り出すために、神経を使ってます。
f:id:tailormiyasaka:20180114020130j:image

埼玉県和光市のテーラーミヤサカです。スーツ・ジャケットなどの仕立やメンテナンスはホームページかお電話 048-466-3393でどうぞ。お店にご要望の生地が無い場合でもメーカーや問屋に確認してご用意いたします。