熟練オーダースーツ職人ブログ|テーラーミヤサカ

職人歴60年を越えましたが、現役でスーツをお仕立てしています。全日本紳士服デザイナー協会会員になりました。

1日研修 クリエイトクラブ


f:id:tailormiyasaka:20170920174553j:image
f:id:tailormiyasaka:20170920174531j:image

月いちの研修会、市ヶ谷の洋服会館で1日を過ごしました。若手テーラーや修学生の出席が最近は多く、嬉しい限りです!真鍋先生も張り切ってます。

午後は芯作り、一から視られる良い機会と

熱心な受講生の関心も高まります。

この業界の多くは一人でされている方達です

月に1日は学ぶ機会と会話の時を持つことはとっても大切と常日頃感じて、自身通い続けて来ました。
f:id:tailormiyasaka:20170920174424j:image

肩入れ

ミシンが使用中なので、肩入れを手縫いでしています。返し針で細かく縫ってゆきます。少々時間はかかりますが、具合よく縫えました。
f:id:tailormiyasaka:20170908150016j:image

キュプラ

ポーランドシェリーのベンベル裏地がロンドンから届いたので、早速地のしをしました。う〜ん、これで安心だ。
f:id:tailormiyasaka:20170905231524j:image

地のし、縮生地


f:id:tailormiyasaka:20170904234611j:image
ご注文戴いた生地は、裁断前に必ず縮地をします。霧吹きでたっぷり湿して1日以上置きます。何年も着て戴くのですから少しでも

くるいの無いようにしなけれぱ、、、

Sさんのポーランドシェリーと、やはりSさんの礼服生地、20代の青年、ご自身の花婿衣装です。花嫁👰さんとご来店。
f:id:tailormiyasaka:20170904234554j:image

新学期

新宿の文化服装学院紳士服生涯学習、夏休みが終わって今日からスタート。その気分も抜けない中でしたが、取り掛かっているジャケットやパンツの進行も遅れていて皆さん真剣に取り組んでました。
f:id:tailormiyasaka:20170902180119j:image

カシミヤコートの直し

春にこんなコートが眠ってて、着たいんだけどとお預かりしたコートです。袖を外したところですが、問題は襟です。ゴージラインが大分下だよ。これから襟も取って、、、その前に脇幅を詰めてからだ。
f:id:tailormiyasaka:20170831135935j:image
f:id:tailormiyasaka:20170831135951j:image

モーニングコートのオーバーホール

よく家の建て替えで、古い土台を残して上物は全部新築する工法を見掛けるが、このモーニングはそれほどではないが、ダーツ以外の縫い目をほどいて作り直しました。先代が愛用された思い出深い物を、作り直して次代に残していくなんて中々難しいことですが、時として携われて嬉しい限りです。
f:id:tailormiyasaka:20170826153918j:image
f:id:tailormiyasaka:20170826153924j:image

埼玉県和光市のテーラーミヤサカです。スーツ・ジャケットなどの仕立やメンテナンスはホームページかお電話 048-466-3393でどうぞ。お店にご要望の生地が無い場合でもメーカーや問屋に確認してご用意いたします。