熟練オーダースーツ職人ブログ|テーラーミヤサカ

職人歴60年を越えましたが、現役でスーツをお仕立てしています。全日本紳士服デザイナー協会会員になりました。

婦人ジャケット

オペラ、トスカを観に行くために、ご注文戴いて何とか間に合った。細い繊維を絡ませたふわっとした柔らかい生地。僅かに銀ラメが入って、オペラ観賞には最適。英国製。
f:id:tailormiyasaka:20170618174228j:image
f:id:tailormiyasaka:20170618174234j:image

肩パット造り


f:id:tailormiyasaka:20170614230102j:image
f:id:tailormiyasaka:20170614230108j:image
f:id:tailormiyasaka:20170614230122j:image


肩の傾斜は皆さん微妙に違うので、パット造りに時間をかけています。
f:id:tailormiyasaka:20170614230055j:image

仮縫い

ヴィンテージ風冬物スーツの仮縫いが仕上がり人台に。生地は、英国ホーランドシェリー社製。確りしたそれでいて肌触りの良い織りで喜んでもらえそう。川崎のお客さま。
f:id:tailormiyasaka:20170614223355j:image

上着の仮縫い中


f:id:tailormiyasaka:20170614141643j:image
芯据えの前にアイロン操作でクセトリをしますが、結構技術が必要で生徒達を悩ましてます。こんな風にとイメージしてもらう為、毎回デモンストレーションして見せてます。
f:id:tailormiyasaka:20170614141635j:image

紳士服講座

ジャケットの製図も済んで生地に乗せて裁断です。目指すはジャケットの完成ですが、

それぞれ作る対象が違うため、サイズはもとより生地や柄も違うので教え側も大変です。ストライプやチェックなど様々あって、、、
f:id:tailormiyasaka:20170612180146j:image

パンツの仮縫い

ズボンの仮縫いを学ぶ中で、一番難しい部分は、2本を合わせて一対にする所ですね。

ドレスカットしたパンツの仮縫いは皆が迷い悩む箇所で一つの通過点ですね。
f:id:tailormiyasaka:20170609213828j:image

ヴィンテージな膝裏の付け方を再現

時々、昔の膝裏は短く膝の部分だけに着けてたもんだと、弟子たちに話していたが、たまたま裏地のないパンツがあったので、こんな風に付けるんだよと、暫くぶりにやってみました。生徒いわく"夏には涼しくていいかも"
f:id:tailormiyasaka:20170608235555j:image

埼玉県和光市のテーラーミヤサカです。スーツ・ジャケットなどの仕立やメンテナンスはホームページかお電話 048-466-3393でどうぞ。お店にご要望の生地が無い場合でもメーカーや問屋に確認してご用意いたします。